「第22回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第22回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成30年3月6日(火曜日)午前9時45分~10時30分、
安曇野市穂高の安曇野市立穂高南小学校(=音楽科・堀田美奈先生)の体育館において
5学年97名、6学年87名を対象に邦楽(三曲)鑑賞・教授教室を開催しました。

20180306_hotakaminami_01
20180306_hotakaminami_02

尺八・箏・三味線などの和楽器は普段見慣れないこともあり、
子ども達も興味を持って鑑賞している様子でした。生の演奏は音色だけでなく
息遣いも感じられ、一時間があっという間に過ぎていきました。
「さくら」「春の海」など有名曲はもちろん、風や波など
曲の表す情景を立体的に感じ取っていました。6年生は昨年続いて
邦楽鑑賞教室が2回目ということもあり、より一層興味をひかれたようで
演奏会が終わるとステージに上がり、箏に触らせてもらう児童もいました。

20180306_hotakaminami_03
20180306_hotakaminami_04

今回は、音楽専科の堀田先生から感想をいただきましたので
紹介させていただきます。

【音楽専科・堀田美奈先 感想】
「昨年に引き続き、渡辺清堂先生、渡辺邦子先生、有賀喜栄先生お三方による
気迫あふれる素晴らしい演奏を聴かせていただきました。
『春の海』『六段の調べ』『さくら さくら』など名曲を堪能することができました。
最後に演奏していただいた『海の声』は本年度音楽会で演奏した曲だったので
子どもたちは楽しんで聴くことができました。
邦楽に触れる機会は普段あまりないので貴重な時間を持つことができました。
昨年と同じ曲を聴いても子供たちの心の有りようや成長により感じ方が変わってきます。
このような機会をいただき本当にありがとうございました。」

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

「第21回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第21回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成30年2月20日(火曜日)午前9時20分~10時10分、
安曇野市明科の安曇野市立明南小学校(=音楽科・大畠紀志世先生)の
音楽室において、4学年児童32名、5学年児童55名、職員4名を対象に
邦楽(三曲)鑑賞・教授教室を開催しました。
20180220_meinan_01
20180220_meinan_02

「春の海」「さくら」などの有名曲から「千本桜」や「海の声」などの
J-POPソングまで幅広い選曲で、子どもたちも楽しんで鑑賞している様子でした。
また、途中の楽器紹介・解説も真剣に聞き入っていました。
20180220_meinan_03
20180220_meinan_04

今回は、児童の代表者から感想をいただきましたのでご紹介します。

【子どもたちの感想】
・今日は、邦楽教室がありました。音楽の授業で、「さくらさくら」の旋律を
 琴で弾いたことがありましたが、先生たちはもっと細かい音まで入れて、
 いろんなヴァリエーションで演奏していたので、「すごいなあ。」と思いました。
 私もいつかあんなにかっこよくお琴を弾いてみたいです。

・尺八の音が、吹き方でどんどん変わっていくのがおもしろかったです。
 テレビの時代劇に出てくる虚無僧を思い出しながら聴いていたら、
 とても楽しくなりました。琴や三味線との掛け合いもあって、すごく楽しかったです。

・最後の「海の声」がとても良かったです。沖縄の海を思い出しました。
 日本の楽器の音は、しっとりしていて、とても美しかったです。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

「第20回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第20回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成30年2月14日(水曜日)午前1時35分~2時25分、
松本市島立の松本市立高綱中学校(=音楽科・矢野口忍先生)において、
生徒117名、職員6名を対象に邦楽(三曲)鑑賞・教授教室を開催しました。

20180214takatsuna02

多くの人に親しまれる定番の「春の海」「さくら」はもちろん、
J-POPソングまで幅広く演奏され、生徒達は真剣な表情で
聞き入っていました。また、途中の楽器紹介・解説では普段あまり
観る機会の無い楽器を目の前にしてとても興味を持っている様子でした。

今回は、鑑賞・教授教室に参加された職員の方から
感想をいただきましたのでご紹介いたします。

【参加職員の感想】
・大人も滅多に触れることのない音楽です。テレビや生徒の授業を通して、
CDなどでの演奏しか耳にしたことが無いので、繊細さと迫力、表情の豊かさを
実感しました。また演奏されている皆様のお顔や動作などからの日本音楽の
奥深さを感じ、伝統音楽を守ることの必要性を感じました。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

「第19回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第19回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成29年11月27日(月曜日)午前8時50分~9時35分、
松本市筑摩の松本市立筑摩小学校(=音楽科・大前美和子先生)の
第1音楽室において、4学年児童63名、職員7名を対象に
邦楽(三曲)鑑賞・教授教室を開催しました。

20171127_01
20171127_02

「さくら変奏曲」や「六段の調べ」等の有名な曲から
子ども達もよく知っている「千本桜」「海の声」などが演奏され、
児童たちは真剣な眼差しで鑑賞していました。

今回は、児童の代表者と音楽科の大前先生から感想をいただきましたのでご紹介します。

【子ども達の感想から】
・三つの楽器全部がとても良い音色が出ていてすごかったです。
・邦楽をきちんと聞くことはなかったので、きれいな音色にうっとりしました。
・尺八は息をできるだけ使って音を出していて、三味線は細かな音を出していておどろきました。
 お琴はあんなに音を変えられるとは思っていなくてびっくりしました。
・尺八は今まで知らなかったけど、尺八の音色は、なんか心が落ち着ちつくようでした。
・わたしはいつも洋風の音楽を聞いていますが、和風の音楽も良いなあと思いました。
・『千本桜』や『海の歌』は知っている曲で、実際にひいているところを見られてよかったです。

【音楽科・大前先生 感想】
間近で演奏している姿をよく見ながら鑑賞でき、子ども達もその姿や
音色に興味を持ち感動した様子でした。ありがとうございました。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。