「第14回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第14回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成29年6月23日(金曜日)、
松本市波田の長野県梓川高等学校(=音楽科・鈴木千絵先生)の
音楽室において、午前11時10分~午後0時00分(3時間目)の間、
3年選択「音楽一般」講座の生徒30名、教諭4名を対象に
邦楽(三曲)鑑賞・教授教室を開催しました。
20170623_01
20170623_02
「春の海」や「さくら」などの伝統的な楽曲の他に、
「二つの田園詩」や「千本桜」などの曲も演奏されました。
普段は目にする機会の少ない和楽器に興味をもった生徒も多く、
各楽器の解説に真剣に耳を傾けている様子でした。

今回は、生徒の皆さんと先生方から感想をいただきましたので
抜粋にてご紹介します。

【生徒の感想】
・私もいつか弾きたい。弾いてみたい。(多数)
・とてもきれいな音色で心地よい音でした。(多数)
・「二つの田園詩」が一番印象に残った。良かった。一番好きな感じ。(多数)
・三曲でも現代の曲がひけるし、ひいても違和感がなくて、とても心地よいと思った。
・よく耳にする「春の海」「さくら」が生で聴けてよかった。
・尺八の吹き方は独特で、難しそうでした。
・知っている曲もたくさんあって、とても楽しかった。
・途中で、柱の位置をずらして、ひいていて、すごい技だと思った。

【先生方の感想】
・少しの間、日常を忘れるような、とても和むひとときでした。
・心が癒やされ、とても良い鑑賞会でした。

【音楽科・鈴木千絵先生 感想】
実際に、目の前でプロの演奏を見て、聴いて、感じられる、
とても良い時間を作っていただき、ありがとうございました。
生徒が、とても熱心に耳と心を傾け、日本の音楽を肌で感じていました。
自分自身も、本物の邦楽演奏に触れる機会をなかなか持てずにいたので、
とてもうれしく、ありがたく感じています。
生徒の気持ちが新鮮なうちに、学校にある琴を使って、少しでも
和楽器体験を授業で取り入れてみたいと思います。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

「第13回 邦楽(三曲)教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第13回 邦楽(三曲)教授教室」

平成29年5月17日(水曜日)、
松本市県の長野県松本県ヶ丘高等学校(=音楽科・塚原智恵先生)の
音楽室において、午前10時50分から午前11時45分(第三校時)の間、
3年選択講座(音楽)の生徒3名と教諭2名を対象に邦楽(三曲)教授教室を
開催しました。

20170517_01
20170517_02

受講生徒(男子1名、女子2名)は、中学・高校の授業で2~3回ほど
箏に触れたことがあり、「さくらさくら」程度の演奏が出来ました。
しかし、糸譜はほとんど読めなかったため、雅楽を中心とした日本の伝統音楽の
解説及び鑑賞と、教諭による箏実技(調弦の仕方、基本的な奏法等)の
事前学習を行い、今回の教室に臨みました。

少人数の授業だったこともあり、ひとり1面を使い、実習することができました。
座り方や基本的な音の出し方について「さくらさくら」等を実際に弾きながら
学んでいきました。
生徒たちの反応も良く、「とても良かった」「もう少し箏を弾いてみたい」などの
声もありました。

今回は近隣の高校にお声掛けし、長野県梓川高等学校の鈴木先生にも
参加していただきました。音楽担当の塚原先生からは、
「一時間でしたが、生徒たちにとって大変有意義な時間となりました」と
感想をいただきました。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

「第12回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第12回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成29年4月19日(水曜日)、
安曇野市明科の安曇野市立明北小学校(=音楽科・北澤美保先生)の
視聴覚室において、午後1時5分から午後1時50分の間、
4年生18名、5年生15名、6年生17名の計50名の児童と職員を対象に
邦楽(三曲)鑑賞・教授教室を開催しました。
20170419_01
20170419_02

「春の海」や「さくら」などの伝統的な楽曲の他に、
「千本桜」「365日の紙飛行機」などの馴染みのある曲も演奏され、
大変興味深く、楽しみながら聴いている様子でした。
20170419_03

今回は、児童の皆さんと音楽科の北澤先生から感想をいただきましたので
抜粋にてご紹介します。

【児童の感想】
・三味線の千本桜を聴いて、和楽器でも演奏できるなんて
すごいなと思いました。弦が3本なのに、いろいろな音が出ていてすごいと思いました。
・和楽器の秘密などを知ることができて良かったです。
音色がとてもきれいで迫力のある演奏に、音の世界に吸い込まれるような気がしました。
・尺八を見たことがなかったので、顎を上下に動かすことで
音が変わることにびっくりしました。
・知っている曲から知らない曲まで、どんな曲がでてくるのか楽しみでした。
楽器の特徴や音の調節の仕方なども教えていただき、和楽器の演奏に
挑戦してみたいなと思いました。
・琴は演奏したことがありましたが、尺八と三味線は生で音を聴いたことがなかったので、
びっくりしました。また機会があったら、和楽器の演奏会を聴きたいと思いました。

【音楽専科・北澤美保先生 感想】
 この度は、大変貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました。
授業ではCDや映像の鑑賞、また、本校にある数少ない琴に触れるにとどまり、
日本人として生まれ育っているのに、生の日本の音楽や和楽器に触れる機会が無いに
等しいのが現状です。今回このような演奏の機会に恵まれ、
生演奏を聴いたり見たりすることで、CDや映像ではわからない指の動きや息遣い等を
身近に感じ取ることができました。子どもたちに馴染みのある曲を
演奏していただいたことで、日本の音楽や和楽器が身近に感じられたようです。
この教室を通して、日本の音楽に興味を持ち、和楽器に挑戦したいという思いを
抱いた児童も多く、このような機会をいただいたことに心から感謝しております。
本当にありがとうございました。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

東北地方太平洋沖地震 被災地視察報告

平成29年3月27日、当社記者は「東北地方太平洋沖地震」被災地、宮城県亘理郡山元町を取材した。
 記者は長野県東筑摩郡朝日村役場の職員に同行し、27日の午前中に集中して、山元町役場被災者支援室、山元町社会福祉協議会やまもと復興支援センター、山元町臨時災害エフエム放送「りんごラジオ」、元山元町立中浜小学校建立現地、および新設防波堤を視察した。

 仮設山元町役場被災支援室(=写真1)では県内外の多数の臨時職員が活躍し、同室班長の伊藤千春さんは「山元町民憲章(※1)に即した支援を多岐にわたり活動しています。」と話していました。
(写真1)
001
※1 【山元町町民憲章】=明るく住みよい和のあるまちをめざして郷土を愛し、きれいな町をつくります 生きがいのある、あたたかい町をつくります 教養を深め、文化のかおり高い町をつくります 健康で楽しく働ける町をつくります みんなの力でゆたかな町をつくります

 山元町社会福祉協議会やまもと復興支援センター(=写真2)の桑野知美さんは東京からの支援者。支援歴7年で大学在学中(平成29年3月27日現在)。震災は桑野さんの帰国4日後に発生、その1ヶ月後にはこの震災の支援に入りました。3月末で約110名の支援者が在籍し、4月には支援者の入替が始まるとのことで、桑野さんはこの支援者組織をコーディネートしてします。
(写真2)
002

 山元町臨時災害エフエム放送「りんごラジオ」(=写真3、4、5)は、被災後6年に渡り地元ライフライン等の情報を町民に提供する大事な情報源となってきましたが、平成29年3月31日で閉局になりました。活躍の模様は、3月29日のテレビ朝日「報道ステーション」、3月31日のNHK「ニュースウオッチ9」の中で紹介されました。被災地におけるコミュニティ放送局は、当初の60局から30局に減少し、同放送局長高橋厚さん(74歳)は同ラジオ局閉局に伴い3月31日をもって退任されました。
(写真3)
003
(写真4)
004
(写真5)
005

 被災した山元町立中浜小学校建立の現地(=写真6、7、8)を訪れました。被災後6年を経過していますが、当時の面影が現存し私にとっては被災の深刻さを感じる一番の場所でした。
(写真6)
006
(写真7)
007
(写真8)
008

平成23年3月11日15時50分大津波が襲来、同小学校児童52名、同教員等12名、同保護者・地域の方々等23名に加え町職員3名の合計90名は校長指示で屋上に避難しました。翌日、平成23年3月12 日早朝6時、自衛隊のヘリコプターが90名全員を救助しました。以下は、山元町が公表した大津波襲来時の状況(※2)です。
※2 第1波は、民家を土台ごと押し流し、第2波は1波の上に乗り上げる形で高さを増して校舎に押し寄せ、校舎東の壁で水しぶきを上げ、2階天井にまで達した。さらに大きく、校舎を飲み込むほどの高さの第3、4波が迫ってきたが、沖合で第1、2波の引き波とぶつかり、避難していた屋上に達することを辛うじて免れた。この間、児童には津波を見せないようにするために、屋上屋根裏の倉庫に避難させ、扉を閉めていた。津波が治まってから、倉庫あった段ボールや衣装ケース等で寝床やトイレを作り、避難時に手にしていた懐中電灯2個と、流されずに残っていた非常用毛布やブルーシートで寒さをしのいで一夜を明かした。夜中も余震が続く中、励まし合いながら不安と寒さに耐えた。(=平成25年11月12日・山元町事業計画調整室開示)

被災沿岸地区6部落おいては約4,000棟におよぶ壊滅的な被害が発生しましたが、沿岸には高さ7.2mの防波堤が新設(=写真9、10)されました。今でも工事が継続しており、沿岸地域は今後どのように被災から防護されるのかさまざまな課題が残りそうです。
(写真9)
009
(写真10)
010

 東北地震の惨状を垣間みた記者は、全国的にも注目視されている当地の牛伏寺断層が気がかりでここに簡単に紹介をしたい。
 「牛伏寺断層は、松本市から塩尻市を通る活断層で、糸魚川静岡構造線活断層系の中部区間を構成している。この地震の活動期間は1000年と言われているが、ここ1200年は主だった活動は確認されていない。30年以内の地震発生確率はおよそ14%で、50年以内の確率は20%にのぼる。地震関係の情報としても、この牛伏寺断層は全国でも筆頭に上げられている。」
 天災「地震」がもたらす人命の被害は甚大なもので、論争があった「想定外」がどこまで許されるかは、この東北地震後さらに明白に判断されるようになるだろう。この松本地域において、明日にも起こりえる地震を真剣に考えている人はどの程度いるのだろうか。今後もさらに災害についての取材活動をしていきます。

エフエムまつもとは、予期せぬ災害を想定し、常時真摯に防災を考える「災害時・防災時のコミュニティFMラジオ局です。」