「第27回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第27回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成30年10月10日(水曜日)午前9時35分~10時20分、
安曇野市豊科の安曇野市立豊科南小学校(=音楽専科・大野佳世子先生)の
音楽室において、6年生の児童・112名と教諭4名を対象に
邦楽(三曲)教授教室を開催しました。


伝統的な楽曲から児童たちもよく知っているJ-POPのナンバーまで、
幅広いジャンルの楽曲が演奏され、和楽器の音色に耳を傾けていました。
児童たちは、なかなか実際に目にする機会のない和楽器を
非常に興味深く観察している様子でした。

【児童代表 感想】
今日は、私たち豊科南小学校6年生112名のために、
演奏会を開いていただきありがとうございました。
「春の海」は、わたしはお正月とかにお店や、CDで聴いたことはありますが、
実際に生で聴くと春の海の景色が思い浮かぶようでした。
「千本桜」は、わたしの大好きな曲だったので、
「三味線でこんなすごい曲が演奏できるんだ!!」とびっくりしました。
思わず心の中で一緒に歌ってしまいました。とってもワクワクしました。
尺八にも、いろんな大きさの尺八があることを初めて知りました。
十七弦というお琴は、普通のお琴より大きくて低い音が出てかっこよかったです。
今日は、こんな貴重な体験ができて、うれしかったです。
演奏に来てくださって、本当にありがとうございました。
また、和楽器の演奏を聴いてみたいです。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

「第26回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第26回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成30年7月11日(水曜日)、
塩尻市広丘吉田の長野県田川高等学校(=音楽・諸橋知子先生)の
音楽室において、午前8時40分~午前9時30分(第一校時)の間、
3年生の音楽選択者6名と教諭2名を対象に邦楽(三曲)教授教室を開催しました。

20180711_tagawa_01
20180711_tagawa_02

『春の海』『六段の調べ』『さくら さくら』のほか、
ポップスを三曲にアレンジして演奏するなど、様々なジャンルの
ナンバーが披露され、生徒達も真剣な表情で聞き入っていました。

今回は、生徒の皆さんと担当の諸橋先生から感想をいただきましたので
紹介させていただきます。

【生徒の感想】
・箏で弾いていたお正月の曲が好きなので嬉しかったし、
1本でアンプもなしであの迫力が出るのはすごいなと思った。

・三味線はフレットがないのにあんなに正確に音程を
合わせられてすごいなと思った。

・知っている曲があったのでとてもおもしろかったです。
お箏とか、とてもいい音色できれいでした。2年の時に(木製の)三線を
やったけど、あんなにいい音にはなりませんでした。
さすがプロだと思いました。そして尺八も音色が透き通っていて
良かったです。とても楽しかったです。ありがとうございました。

・三味線、箏、尺八での演奏はあまり聴く機会がないので、
とても楽しかったです。知っている曲でも楽器が違うだけで
雰囲気も全く違って、おもしろかったです。ありがとうございました。

・なかなか聴ける機会がなかったので、和楽器の演奏を聴けてよかった。
いろんな曲が演奏できると知ったので、他の曲も聴きたいと思った。

・尺八の音がすごく好きなので、生で聴けてうれしかったです。
今時の曲を演奏していただけて、和楽器がすごく近く感じました。
ありがとうございました。

・和楽器の演奏を聴いてとっても落ち着いた気持ちになった。
もっといろんな曲を聴いてみたいと思った。

【諸橋先生の感想】
今年も、3年生の授業で邦楽教室を行っていただきました。
本校には和楽器がないため、日頃和楽器の音や楽器にふれる機会が
ないのですが、「春の海」など、「どこかで聞いたことがある」と
生徒が感じる曲を通して全員が和楽器の魅力に引き込まれていました。
生徒がよく知っているポップスを和楽器で演奏するのも新鮮でしたし、
後半の「二つの田園詩」は何度聴いても魅力的でした。
今年もありがとうございました。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

「第25回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第25回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成30年6月21日(木曜日)、
松本市波田の長野県梓川高等学校(=音楽科・鈴木千絵先生)の
音楽室において、午後1時45分~午後2時35分(第五校時)の間、
3年生の音楽選択者30名と教諭1名を対象に邦楽(三曲)教授教室を開催しました。

20180621_azusagawa01
20180621_azusagawa_02

定番の『春の海』『六段の調べ』『さくら さくら』のほか、
現代曲のアレンジなど幅広い選曲に、生徒達も真剣な表情で聞き入っていました。
三曲、箏曲、三味線や尺八の邦楽曲など、生徒達にとっては普段あまり
触れる機会がない音楽で、とても新鮮だったようです。

今回は、生徒の皆さんと担当の鈴木先生から感想をいただきましたので
紹介させていただきます。

【生徒の感想】
・「さくら さくら」を自分も演奏したことがあるけど、比べものにならないくらい迫力があってすごかった。
・箏は今回の演奏をきいて左手も大事なんだなと思った。
・弦を押したり、ゆらしたり、弾いたりすることで、いろいろな音が出るんだなと思った。
・音色がとてもきれいで、眠くなるくらいなごむ音だった。
・十七弦の音がすごくきれいで良かった。
・尺八は竹一本でできているのにあんな音が出てすごいと思った。
・普段は、あまりきいたことがない曲ばかりで斬新だった。
・楽器の説明などもしてくれて分かり易かった。
・それぞれの音色に特徴があって、どれもきれいだった
・尺八の音が個人的に好きだった。
・最近の曲などもやってくれて、和楽器できくと、また違って新鮮だった。
・一番感動したのは、「海の声」の演奏です。3つの和楽器でこんなにもすごい演奏ができるなんて思いませんでした。
・どの曲も素晴らしかったです。

【鈴木先生の感想】
・昨年に続いて授業内で演奏をお願いしました。前の時間に少しだけ箏で、
 平調子の音階、さくらをやってみました。生徒達は、本物の音を肌で感じて、
 とても感動したようです。和楽器の音色をきいたのが初めてだった生徒も
 いたので、演奏していただいて良かったです。自分自身でも、和楽器に
 係わる機会をできる限り作っていこうと改めて思いました。
 本当にありがとうございました。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

「第24回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第24回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成30年5月16日(水曜日)、
松本市県の長野県松本県ヶ丘高等学校(=音楽科・塚原智恵先生)の
音楽室において、午前9時45分から午前10時40分(第二校時)の間、
1年A・E組の生徒32名と教諭1名を対象に邦楽(三曲)教授教室を開催しました。

20180516_agata

1年生32名のクラス授業だっため、講義形式で授業を行いました。
教科書に掲載されていた「六段の調べ」などの箏曲から
ポップスのナンバーをアレンジしたナンバーも演奏され、
生徒達は真剣な表情で聞き入っていました。

今回は、音楽科の塚原先生に感想をいただきましたので
掲載させていただきます。

【塚原先生 感想】
「受講生徒(男子11名、女子21名)は、中学・高校の授業で
2~3回ほど箏に触れたことがあるということで「さくらさくら」程度の
演奏が出来ました。教科書にも載っている「六段の調べ」などの
本格的な箏曲だけでなく、生徒たちの知っているポップスを
アレンジした曲なども演奏していただき、生で素晴らしい演奏を
聴くことができ、生徒達の反応も良く、『とても良かった』
『自分たちも箏を弾いてみたい』との声が聞かれました。
また、三味線の演奏も聴かせていただき、こちらもなかなか普段、
生演奏を聴く機会がないため、とても貴重な体験となりました。
大変良い事業であるので、今後も継続していただけるととてもありがたいです。」

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。