「第17回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第17回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成29年9月22日(金曜日)午前9時40分~10時30分、
松本市島立の松本市立島立小学校(=音楽科・大池世佳先生)の
音楽室において、5年生の児童・52名、職員4名を対象に
邦楽(三曲)鑑賞・教授教室を開催しました。

20170922_01
20170922_02

「さくら」をはじめとする伝統的な楽曲から、J-POPナンバーまで
幅広いジャンルの楽曲が演奏されました。
児童たちも聞き馴染みのある「海の声」「千本桜」などは、箏や尺八で
演奏されることでまた違った魅力を感じ、興味を持った様子でした。

今回は、児童の代表者と音楽科の大池先生から感想をいただきましたのでご紹介します。

【参加児童の感想より】
邦楽教室では、琴・三味線・尺八などの演奏を聞かせていただきました。
普段聞いたり、自分が演奏したりすることがないので、とてもいい経験になりました。
演奏してくれたいろいろな曲の中でも、わたしは三味線を使った「千本桜」が
とても心に残っています。私たちが知っている曲で、ピアノでひいた音の感じと
三味線でひいた音の感じの違いがおもしろいなと思いました。
他にも「海の声」や「桜」など知っている曲が出てきて楽しかったです。
聞いている人が楽しくなる演奏をとどけてくれてうれしかったです。

【音楽科・大池世佳先生 感想】
邦楽鑑賞では大変お世話になりました。
耳なじみのない、琴や三味線の音色を生で聞くことができ、幼い子どもたちにとって
大切な時間となりました。このような場を提供していただき、感謝をしております。
また、機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

「サンリン・夏の三曲コンサート」開催報告

「サンリン・夏の三曲コンサート」
(FMまつもと・サンリン共催「第16回 邦楽(三曲)鑑賞会」)

平成29年8月30日(水曜日)午後5時45分より、サンリン株式会社本社大ホールに於いて
「サンリン・夏の三曲コンサート」を開催しました。
20170906
20170906_02

今回で2回目の開催となり、有賀 喜栄(箏曲生田流生派大師範)、
渡辺 邦子(箏曲生田流生派大師範)、渡辺 清三郎(宗家・中信三曲協会長)の
著名な先生方による演奏で、短時間でしたが、楽しく聞き応えがある
夏の終わりを飾るコンサートになりました。

演目:「つくしの旅」「夕顔」「海の声」ほか7曲

尚、「FMまつもと・サンリン共催『邦楽(三曲)鑑賞・教授教室』」は
毎月、上記先生方の協力を得て、松本平の小学校、中学校、高校、大学等で実施しています。

山形村と「災害時におけるラジオ放送の要請に関する協定」を締結しました

平成29年8月21日(月)午前9時より、山形村役場(長野県東筑摩郡山形村2030番地1)の村長室に於いて「災害時におけるラジオ放送の要請に関する協定締結式」が執り行われました。

20170821_03
(本庄利昭山形村長と宮嶋孝好放送局長)

エフエムまつもと・山形村
「災害時におけるラジオ放送の要請に関する協定」
締結表明

エフエムまつもと株式会社(以下「当社」という。)は、山形村で発生した災害において、山形村長が当社に対しラジオ放送要請を発令した時点で、村民に対し、「自然災害情報・災害市民生活情報」等を法令に基づき、総務省指導のもと緊急に発信することを遵守します。
 また、当社を初めとする全国のCFM局(コミュ二ティーエフエム放送局)は、様々な自然災害において有益な「災害住民生活情報」を発信し、被災者の心の信頼を得ていますが、当社においても、山形村民に甚大な災害を被った場合は、最大限災害放送活動に励み、村民の情報源そして心の支えとなるように務めてまいります。

 この度の山形村との災害協定締結にあたり、社員一同、日々の放送業務に対し改めて真摯に取り組む所存です。

「第15回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第15回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成29年7月3日(月曜日)、
塩尻市広丘吉田の長野県田川高等学校(=音楽科・諸橋知子先生)の
音楽室において、午前10時00分~午前10時50分(2時間目)の間、
3年生の「音楽III」授業選択者・13名、教員2名を対象に
邦楽(三曲)鑑賞・教授教室を開催しました。

20170703_01
20170703_02

「春の海」や「さくら」などの伝統的な楽曲をはじめ、
生徒たちに馴染みのある「千本桜」などのJ-POP曲も演奏されました。
特に、J-POPのナンバーが三曲のアレンジで演奏されたときは
生徒たちの反応も良く、和楽器へ親しみを持ちながら
聞き入っている様子でした。

今回は、音楽科の諸橋先生から感想をいただきましたのでご紹介します。

【音楽科・諸橋知子先生 感想】
中学校で筝に触れたことのある生徒は数名いましたが、
多くの生徒にとっては和楽器を見たり音色を聴いたりすることも珍しい経験でした。
しかしながら、生徒たちは熱心に演奏を聴き、生徒がよく知っている「千本桜」と、
十七絃も使って厚みのある音色で合奏された「二つの田園詩」には
特に引き込まれた生徒が多かった様子でした。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。