作成者別アーカイブ: admin

「第28回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第28回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成30年11月13日(火曜日)午前9時40分~午前10時25分、
松本市筑摩の松本市立筑摩小学校(=音楽専科・大前美和子先生)の
音楽室において、4学年の児童78名、担任3名、専科1名 計82名を対象に
邦楽(三曲)教授教室を開催しました。


子ども達は目の前で実際に演奏する姿を見て、迫力を感じたり、
生の音色に聴き入ったりしていました。『千本桜』や『海の声』などの
子ども達の知っている曲では、一緒に口ずさんだりして楽しんでいました。

【児童 感想】
・テレビでは見たことがあるけど、本当に見ると迫力があって、すばやくやっていて、とてもかっこいいなと思いました。私はやったことがないけど、きかいがあればやってみたいです。

・どの曲もよかったけれど、一番心に残ったのは『春の海』です。琴が尺八に負けないくらいいい音が出ていました。外国から輸入したギターとかもいいけど、日本の琴、三 味線、尺八もいいなあと思いました。

・三味線は名前は知っていたけど、実物を見たこともないし、音も聞いたことがなかったので本物を見られてうれしかったです。

・初めて尺八や琴の演奏を聴きました。琴は桐の木という軽い木でできていることもわかりました。琴の音は響いてきれいでした。尺八は竹でできている楽器ということも分かりました。今度は琴や尺八をならしたりふいたりしてみたいです。

・初めて聞いた曲や聞いたことのある曲がいっぱい聴けて最高でした。音がきれいで、全部の楽器の演奏では、交互になったり、一緒になったりして面白かったです。最後の 曲では、聞いたことがあってやわらかなところが多くてゆったりできました。

・三味線など日本の昔から伝わっている楽器で演奏してくれて、自分にとって子守唄みたいに気持ちよかったです。途中で自分の知っている曲が、日本の楽器でやると、一風 変わってきれいでした。こういう楽器をこれからもずっと先につなげて生きたいなと思いました。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

第二十七回 番組審議会議事録

第二十七回 番組審議会 議事録

1.開催期日:平成30年10月16日(火) 14:30~15:30

2.開催場所:エフエムまつもと株式会社・Aスタジオ

3.委員出席
  委員総数:5名 出席委員数:3名 欠席委員数:2名
  放送事業者側出席者:2名

4.議 事
(1)開会挨拶
(2)FMまつもと現状報告
(3)番組審議:『ねぇねぇきかせて こどものことば』
(4)その他

(1)開会挨拶:FMまつもと担当
お忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。
10月に入りまして秋も深まってまいりました。今月は、半年に一度実施しております
番組改編を行いました。お手元に新しい番組表をお配りしていますのでご覧下さい。
本日審議いただきますのは生放送番組の中の1コーナーということで、
収録番組とはまた違った雰囲気の番組になっていると思います。
ぜひ忌憚のないご意見を宜しくお願いいたします。

(2)FMまつもと現状報告:FMまつもと担当
10月12日に、当社員2名と松本市危機管理課の職員2名で
緊急告知ラジオの運用を行っている新潟県の長岡市へ視察に出掛けた。
長岡市役所、コミュニティFM局の「FMながおか」、屋外スピーカーシステムの
運用・管理を行っている「ワキヤ技研」を見学した。
昨今も全国各地で大きな災害が起きており、コミュニティFM放送を活用した
緊急告知ラジオの重要性が高まっていると感じている。
今回視察した内容を踏まえて、今後検討していきたい。
今月21日に塩尻市で行われる長野県の総合防災訓練に参加する。
塩尻市とは災害時放送協定を結んでおり、今回は「臨時災害局の設立・運用訓練」で
ラジオ放送の訓練に参加する。臨時の周波数を取得して、訓練放送を行う。
また、同日の午後2時からは、サンプロアルウィンで行われる
「松本山雅FC vs FC岐阜」戦の実況生中継を別チームで実施する。
少ない人数で同日に別現場とかなり大変な状況ではあるが、スタッフ一同、
力を合わせてどちらの現場も成功となるよう頑張っていきたい。

(3)番組審議
「ねぇねぇきかせて こどものことば」(10分コーナー)

毎週水曜日 午後0時~午後2時 放送
生放送番組『まつもと日和』内 コーナー

<審議対象回放送日時>
平成30年9月19日(水)放送分
テーマ「月」

<番組概要>
子どもが何気なく「ふっ」と話す言葉、子どもたちの心のつぶやき『口頭詩』。
子どもたちの言葉の中には、本音・優しさ・思いやり…色んなものがいっぱい。
私たち大人が、気付かない・思いも寄らない自由な発想、忘れてしまった
素直な感情、豊かな感性が詰まっています。松本聖十字幼稚園のご協力を得て、
毎年発行されている口頭詩文集の中から、テーマに沿った口頭詩を
ご紹介していきます。

【審議】
・子ども達の素直な言葉が可愛かった。コーナー担当のパーソナリティさんの
 声が優しく、聞きやすかった。BGMに使っているオルゴールの音源が
「やさしさに包まれたなら(荒井由美/魔女の宅急便)」と
「さんぽ(となりのトトロより)」だったので、つい心の中で歌ってしまった。
 自分がちょうどその曲を聞いていた世代なのもあるのかもしれないが、
 BGMの軽快なリズムに気を取られてしまった部分があったので
 例えばジブリ系の歌モノのオルゴールBGMではなく、当たり障りのないインスト
 音源のBGMにしてみるのもいいと思う。

・私も思った。知っている曲だと、そちらに気がいってしまう時がある。
 子どものコーナーということでジブリ系のオルゴール音源というのも雰囲気が
 合っていて良いが、言葉の方に集中できるBGMにしてみるのも良いのでは。

・今回紹介された子ども達のつぶやきや言葉は「孫も言ってるなぁ」と
 思うことばかりだった。『月が追いかけてくるけれど、お家に入れるか?
 うさぎさんたちは大丈夫か?』『三日月の時はうさぎさんたちは細くなって
 住んでいる』というのは、本当に子供らしくて可愛い発想だと思った。
 パーソナリティが「子供」「親」「解説・説明」という三役を担っているので、
 聞いている側としてはパッと切り替えするのが少し難しいところがあると感じた。
 パーソナリティの雰囲気がとても良く、生放送ならではの時間に対応した
 話の進め方はプロだと思う。ただ、今回は子供たちの口頭詩がメインと考えると、
 後半の説明の部分のボリューム感が若干気になった。子ども達の言葉(口頭詩)から
 想像出来る部分も多くあるので、補足的に後半で詳しく説明している部分を
 もう少し軽めにしても良い気がした。足りない部分を補う説明と、リスナーの
 想像力に任せる部分とのバランスを調整してみるとより良くなると思う。

・私は「好きな喋り方だなぁ」と思う喋り手さんが中々居ないのだが、
 今回の担当パーソナリティさんはとても好みの語り口で気に入っている。
 今回聞かせていただいたコーナーの構成だと、解説や説明のボリュームが
 しっかりしているので、子ども達の口頭詩から聞き手が想像したり
 汲み取れることがやや限られてしまうような印象を受けた。
 例えば、後半の解説の部分とのバランスを取り、紹介する口頭詩の数を
 何個か増やすとか、前半に説明を持って来て後半に口頭詩を紹介していく
 という構成も良いのではないかと思った。聞き手が想像力を働かせるというのも
 ラジオの良さだと思う。そういった点では、今回の対象番組は聞き手が
 それぞれのイメージを膨らませることの出来る種類の番組だと感じた。

・生放送の中でコーナーを進行することはとても大変だと思うが、
「子ども達のつぶやき」というとてもほのぼのした題材でお昼の番組の雰囲気に
 合っているので、更に良くなるようみがきをかけていって欲しい。

(4)その他
・10月度の番組改編を実施。大きな変更はないが、生放送番組は今までと
 別の時間帯を担当する方もいるので、少し新しい雰囲気で番組をお届けできると思う。

・12月に開局5年を迎える。コミュニティFMとして地域に、より一層定着させていきたい。

・スポーツ中継に関して
→【サッカー】松本山雅FC ホーム戦中継
 10月に1回、11月に2回のホーム戦中継を予定。
→【バスケットボール】信州ブレイブウォリアーズ 松本会場の試合中継
 松本で行われる12月の2試合、3月の2試合、計4試合の中継を予定

5.審議期間の答申又は意見に対してとった措置の内容
 前審議会で指摘された諸事項に関しては、関連部署に伝え、今後の番組作りに
 役立てるように検討を促した。

「第27回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第27回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成30年10月10日(水曜日)午前9時35分~10時20分、
安曇野市豊科の安曇野市立豊科南小学校(=音楽専科・大野佳世子先生)の
音楽室において、6年生の児童・112名と教諭4名を対象に
邦楽(三曲)教授教室を開催しました。


伝統的な楽曲から児童たちもよく知っているJ-POPのナンバーまで、
幅広いジャンルの楽曲が演奏され、和楽器の音色に耳を傾けていました。
児童たちは、なかなか実際に目にする機会のない和楽器を
非常に興味深く観察している様子でした。

【児童代表 感想】
今日は、私たち豊科南小学校6年生112名のために、
演奏会を開いていただきありがとうございました。
「春の海」は、わたしはお正月とかにお店や、CDで聴いたことはありますが、
実際に生で聴くと春の海の景色が思い浮かぶようでした。
「千本桜」は、わたしの大好きな曲だったので、
「三味線でこんなすごい曲が演奏できるんだ!!」とびっくりしました。
思わず心の中で一緒に歌ってしまいました。とってもワクワクしました。
尺八にも、いろんな大きさの尺八があることを初めて知りました。
十七弦というお琴は、普通のお琴より大きくて低い音が出てかっこよかったです。
今日は、こんな貴重な体験ができて、うれしかったです。
演奏に来てくださって、本当にありがとうございました。
また、和楽器の演奏を聴いてみたいです。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

第二十六回 番組審議会議事録

第二十六回 番組審議会 議事録

1.開催期日:平成30年8月7日(火) 14:30~15:30

2.開催場所:エフエムまつもと株式会社・Aスタジオ

3.委員出席
  委員総数:5名 出席委員数:4名 欠席委員数:1名
  放送事業者側出席者:3名

4.議 事
(1)開会挨拶
(2)FMまつもと現状報告
(3)番組審議:『夏をかけぬけろ!高校球児達2018』
(4)その他(その他の番組について)

(1)開会挨拶:FMまつもと担当
本日もお集まりいただきありがとうございます。
今年は記録的な暑さということで、大変厳しい夏になっていますが、
暦の上では今日は「立秋」ということで、幾分暑さも和らいでいます。
今日の審議は、高校野球関連の番組で、今まさに熱戦が繰り広げられている
タイムリーな題材ですので、皆さんから様々なご意見をお願い出来ればと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

(2)FMまつもと現状報告:FMまつもと担当
大相撲の御嶽海関、サッカーJ2リーグの松本山雅FC、
そして高校野球の佐久長聖と、長野県ではスポーツが大変盛り上がっています。
好評いただいている松本山雅FCのホーム戦中継は、サマースペシャルとして
7月のホーム戦3試合全てを放送し大変反響がありました。チームの好調もあり、
ホーム戦中継の注目度・認知度も上がってきたと実感しています。
このあとは11月まで毎月1回の予定でホーム戦中継を行う予定です。
また、半年に一度行っている番組改編は、10月に実施いたします。
今回は大幅な変更は予定していませんが、収録番組の改編をいくつか行います。
次回の番組審議委員会では、新しい番組表も用意できるかと思います。
今月は、20日(月)に「松本サマーフェスト」の会場の花時計公園から
公開生放送を行います。毎年恒例の公開生放送で、会場の雰囲気や見所などを
伝えていきたいです。

(3)番組審議
第100回全国高等学校野球選手権長野大会 応援番組
『夏をかけぬけろ!高校球児達2018』

平成30年6月25日(月)~7月5日(木)
各日午後6時15分~6時30分(生放送『夕暮れ城下町』内)

<審議対象回放送日時>
平成30年7月2日(月)放送分
[取材校] 松商学園高等学校、長野県塩尻志学館高等学校

<番組概要>
平成30年7月7日(土)開幕の「第100回全国高等学校野球選手権 長野大会」に向け、
中信地区の高校球児たちにスポットを当て、この大会にかけるそれぞれの想いを
野球部員たちや関係者(監督・マネージャーほか)の生の声で届ける。

【審議】
・高校野球の番組はまさにタイムリーですね。長野県大会の前に放送した番組
 ということで、監督や選手が具体的な目標と課題を述べていて、
 試合に向けての気合を感じました。松商学園のインタビューのバックに
 聞こえていた練習の掛け声や打球音などが臨場感がありました。
 志学館のインタビューはBGMの校歌が良く聞こえましたが、
 少し音が大きかったと思いました。全体的にインタビューに緊張して
 いたのだとは思うのですが、もう少しフランクな感じの受け答えも
 聞いてみたいと思いました。FMまつもとのスタッフと、監督、キャプテンが
 全員男性だったので女性の声が入ってくるとまた印象が違うかもしれません。
 コーナーの進行が女性のアナウンスでしたから、そんなに気にならない方も
 いるとは思いますが。

・季節的にも高校野球という題材で、良い番組だと思いました。
 特に一対一で向き合ってのインタビューというのは大人でも緊張しますが、
 高校生が自分の言葉で考えながら答えているというのは、なんだかジーンと
 くる部分もありました。周りの練習音が臨場感にも繋がっていると思います。
 ブラスバンドの曲も、アルプススタンドの応援のようでとても合っていました。
 ただBGMや周りの音、練習音がインタビューに対して少し音量が大きいと思いました。
 審議会のような環境でしっかりと集中して聞いているときは良いと思うのですが、
 車の中、カーラジオで聞く時だと少し聞き取りにくいのではと感じました。

[FMまつもと担当]基本的にインタビューの収録をグラウンドで行っていることもあり、
 インタビューマイクに大きめに練習音が入ってしまったのだと思います。

・なるほど、そうなのですね。分かりました。校歌が流れているのも良かったですね。
 野球部の皆さんはもちろんですが、各校の生徒、家族もきっと喜んでくれる番組だと
 思いました。思い出になると思いますし、コミュニティFMだからこそ、中信地域の
 高校にスポットを当てられるとても良い企画だと思いました。

・全体的にまとまり良い企画の番組だと思いました。長野県大会へ向けての熱意と
 いうのが生徒や監督から伝わってきました。監督さんは結構しっかり真面目に
 話していましたが、松商、志学館のキャプテンも真面目な受け答えで、
 イマドキの若者というよりもいつぞやの“古き良き時代”というか、
 硬派な感じの子たちでした。野球というスポーツがそういう性質なのか、
 または、キャプテンだからということで意識的にしっかりしているということ
 なんでしょうかね。ただ、聞き手であるリスナーは固さを感じて身構えてしまうので、
 もう少しフランクな受け答えですと、より良いのではないかなと思いました。

・そうですね。間違えちゃいけない、しっかり喋ろうという気持ちなのか、
 監督や生徒の緊張感が伝わりこちらもかしこまってしまう。
 2校のインタビューは10分程度だったかと思いますが、伝わる緊張感のせいか
 聞いていて長く感じました。野球と関係ない話題を織り交ぜてみるというのも
 いいかもしれません。

・高校野球の番組で、聞いていて爽やかな印象を持ちました。
 私はあまり野球の試合のことやルールは知らないのですが、それぞれの学校の監督、
 生徒の緊張と真面目な人柄というものを感じました。本当に「硬派な人」という
 感じですね。固いトークが続くと確かに、長く感じますね。
 校歌をBGMにしていましたが、インタビューの無いところで少し聞かせてみるのも
 いいかもしれませんね。

(4)その他(その他の番組について)
・松本市観光大使の赤司龍之祐さん(福岡の県域放送局・プロデューサー)が、
 信州まつもと空港の福岡線就航時から、空港を利用した誘客活動や
 北部九州の都市との交流に尽力いただき、旅番組の中で松本市を紹介
 してもらったことがある。コミュニティFMでは旅番組は難しいとは思うが、
 他都市と一緒に観光を絡めて何か面白いことが出来れば幅が広がるのではないか。

・生放送番組で高校生(放送部)の番組アシスタントを起用しているのがとても良い。
 将来的に、高校の放送部が主体となって作る番組も期待したい。

5.審議期間の答申又は意見に対してとった措置の内容
 前審議会で指摘された諸事項に関しては、関連部署に伝え、今後の番組作りに
 役立てるように検討を促した。