作成者別アーカイブ: admin

「第11回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第11回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成29年3月8日(水曜日)、
安曇野市穂高の安曇野市立穂高南小学校(=音楽科・堀田美奈先生)の体育館において、
午前9時45分から午後10時35分の間、4年生:94名、5年生:84名、6年生:105名の
計283名の児童と職員を対象に邦楽(三曲)鑑賞・教授教室を開催しました。
20170308_01
20170308_02

琴演奏大師範・渡辺邦子先生、同有賀喜栄先生、
尺八演奏師範・渡辺清堂先生による三曲(琴・三味線・尺八)の
演奏に耳を傾け、なかなか目にする機会の少ない和楽器を見つめながら
真剣に鑑賞していました。伝統的な楽曲のほかに、児童たちに馴染みのある
ポップスナンバーが和楽器で演奏され、楽しみながら聞いている様子でした。

今回は、音楽科の堀田先生と児童の皆さんから感想をいただきましたので
抜粋にてご紹介します。

【音楽科・堀田先生】
この度は大変お世話になり、本当にありがとうございました。
生の演奏を実際に鑑賞することで、さらに和楽器に興味を持ったり
日本の文化や音楽に誇りを持ったりしてほしいと願い、今回の鑑賞会を
お願い致しました。(中略)日本ならではの曲、今の子ども達も
TVなどで聞いたことのある曲を演奏していただき、曲の、演奏の、楽器の
素晴らしさを感じながら親しみを持って聞く事ができました。
(中略)十七弦が入ると、さらに厚みや深みが出て豊かな音楽を
味わわせていただきました。本当に素晴らしい機会をいただいたことに
感謝の思いでいっぱいです。

【児童の皆さんからのコメント】
・心に残ったのは琴の音で、近くできくのは初めてだったけど、やさしい音
きれいな音でとてもよかったです。
・お琴をひく手の動きが速くて、すごかった。すばやい曲もきれいにひけて
すごいなと思いました。
・ふだん、めったにきくことの出来ない音楽をきくことができてよかった。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

「第10回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第10回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成29年2月2日(木曜日)、
松本市島立の松本市立高綱中学校(=音楽科・矢野口忍先生)の音楽室において、
午後1時35分から午後2時25分の間、1年生の生徒94名(職員6名)を対象に
「和楽器鑑賞会」として邦楽(三曲)鑑賞・教授教室を開催しました。

20170202_01
20170202_02

琴演奏大師範・渡辺邦子先生、同有賀喜栄先生、
尺八演奏師範・渡辺清堂先生による三曲(琴・三味線・尺八)の
演奏を聞いた生徒たちは、「春の海」といった伝統的な楽曲のほかにも
「千本桜」など親しみのある曲が和楽器で演奏されることに驚きながら、
とても楽しんでいた様子でした。また、本物の和楽器を初めて見る
生徒たちも多く、興味をもって鑑賞していました。

今回は、生徒の皆さんと音楽科・矢野口先生から感想をいただきましたので
抜粋にてご紹介します。

【1学年生徒・代表】
「邦楽教室の3つの楽器の中で特に注目して見ていたのは、琴です。
片手で弦をおさえながらもう片方の手で素早くはじく器用さにとても驚きました。
また、お正月によく聞く「春の海」は琴で演奏しているということを
知ることができました。三味線でも「千本桜」をひくことができるとは
思っていませんでした。どの曲にしても三つの楽器が出す音がマッチして
とてもきれいな音色でした。(中略)和楽器について興味がわいたので、
今度、本やインターネットで詳しく調べてみたいです。」

【音楽科・矢野口先生】
この度は、生徒にとっても私たち職員にとっても、間近で和楽器の音色や
演奏されている姿に触れる機会をいただき、こころから感謝申しあげます。
生徒たちの感想にもあるように、和楽器そのものの姿を見たり、音色を
耳にしたりする機会がほとんど無くなってきました。音楽の授業で扱うにも、
映像やCDの音源で鑑賞することが精一杯であることも事実です。
今回のような機会をいただくことで、生の音であるだけでなく、奏者の動きや
気迫、息遣いまでの感じ取れることが、大きな魅力の一つとして感じました。
(中略)貴重な機会をいただき、ありがとうございました。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: 2017年1

第十七回 番組審議会議事録

第十七回 番組審議会 議事録

1.開催期日:平成29年2月7日(火)14:00~15:00

2.開催場所:エフエムまつもと株式会社・Aスタジオ

3.委員出席
  委員総数:5名 出席委員数:4名 欠席委員数:1名
  放送事業者側出席者:3名

4.議 事
(1)開会挨拶
(2)FMまつもと現状報告
(3)番組審議:「Hata 79.1」
(4)その他(インターネットサイマルラジオについて)

(1)開会挨拶:FMまつもと担当
本日はお集まりいただきありがとうございます。
FMまつもとも開局から3年を迎え、一層の飛躍のために
サイマル放送を今春開始の予定で準備を進めています。
パソコンやスマートフォンアプリを利用すれば、
松本平にとどまらず、日本全国、そして世界中で放送が
聞こえることになります。コミュニティFMとしてさらに
頑張らなくてはと考えています。

(2)FMまつもと現状報告
・明治安田生命 J2リーグ 2017シーズンの日程が発表になった。
当社のリスナーや他コミュニティFM局から多くの反響がある
コンテンツなので今シーズンも12試合を中継する予定。
来月には新たな試みとして、25日(土)に松本市総合育館で行われる
プロバスケットボール[B.LEAGUE]の『信州ブレイブウォリアーズ
vs西宮ストークス』の試合中継を実施する。スポンサー営業も始めている。
また、強い要望があったインターネットサイマルラジオについては
今春開始を目指し準備を進めている。各番組に関しても、今まで以上に
「多くの人が耳にする」ということを意識して、パーソナリティと共に
番組の質の向上に務めたい。

(3)番組審議:「Hata 79.1」
毎週金曜日 午後6時00分~午後6時15分
(再放送:毎週月曜 午前9時45分~午前10時00分)
出演者:Terry&Pari

【番組概要】
松本市波田エリアの地域密着情報番組。
「イベント」「グルメ」「人」などの週替わりのテーマで
さまざまな情報・話題をピックアップ。
審議対象回(1/27(金)放送分)は、松本市波田地区の
少年軟式野球・白樺ジュニアクラブの餅つき大会の
取材・インタビューとなっています。

<審議>
・とても面白い番組だと思った。パーソナリティ・Pariさんの
ニューヨーク居住20年の経験をもとに、波田からNYまでの話題を
広く扱うトークが斬新。男女のパーソナリティという組み合わせが良く、
やりとりが軽快でとても聞きやすい。
波田のイベント情報の紹介も分かりやすくて良かった。

・パーソナリティ2人が非常に個性的。NYと波田の組み合わせは新鮮で、
特にパーソナリティのPariさんの個性が鍵となっていて面白い。
波田地区に照準を絞っているのも良い。白樺ジュニアクラブの少年たちが
雪の中でも元気に餅つきしている様子が、声や音を交えて臨場感があり
良かった。保護者会のインタビューも、子ども達への熱い想いの中に
親しみがあって良い。レポーターも兼任しているPariさんの人柄の良さが
この番組の魅力に繋がっていると思う。

・今まで多くの番組を聞いてきたが、今回は一番良い番組だと思う。
パーソナリティ同士のテンポ感が良いし、途中のレポート部分も取材現場の
雰囲気が伝わる形で良い。番組にグッと引き込まれた。
話題が局所的だが、ターゲットを絞るという強みもあると思う。

・ローカルの中の“さらなるローカル”をクローズアップするという面白さがある。
松本市も広いので、エリアごとに話題が取り上げられることはとても良い。
FMまつもとをさらに多くの人に覚えてもらうために、このようなきめ細やかな
番組作りは今後も活きてくると思う。

・40年以上地元で仕事をしていて思うが、ローカルだからこそ、地球の裏側、
海の向こう側を意識して仕事をする、活動をするということに大きな意味があると思う。
松本で暮らしているからと狭い世界で物事を考えるのではなく、日本、そして世界に
目を向けて、グローバルに物事を考えていって欲しいと学生たちにも良く伝えている。
この番組の中で話題となっていたのは松本とニューヨークだが、距離は遠くても、
繋がっている部分はあるのだと思った。長く続けて欲しい番組だ。

(4)その他
<インターネットサイマルラジオについて>
・松本市内でFMまつもとが聞けないという地域に対しても、
パソコンやスマートフォンといったツールを使用して、放送が聴ける環境になることは
非常に良いと思う。今春開始の予定ということで、今から楽しみにしている。

                                        以上

本郷小学校 社会科学習見学 受入報告

平成29年2月1日(水曜日)、
松本市立本郷小学校の5年1組(= 横山享司先生)の児童31名が
社会科学習の一環としてスタジオ見学に訪れました。
20170201_03

生放送番組『おはよう791』には代表児童が出演し、
緊張しながらも元気にパーソナリティと話していました。
20170201_02

後日、担当の横山先生から感想をいただきましたので掲載させていただきます。

「本郷小学校5年1組は、社会科の学習で『防災と情報』について学んでいます。
松本市の行政防災無線やテレビ、メールなど、防災情報を発信するメディアは
たくさんありますが、東日本大震災や熊本地震で大きな効果を発揮したのが
ラジオであることを学びました。そんな中、松本市にコミュニティFM局が
あることを知り、ぜひ見学してみたいと考え、連絡し訪問をお願いしました。
想像していたよりも、小さなスタジオで一人で機械を操作しながら、
次々と入る情報を流暢な言葉で伝えていたパーソナリティの布野えいじさん。
生放送のゲストとして出演させてもらった子ども達は
『自分は緊張でしどろもどろだったのに、なぜあんなに上手に話せるんだろう。
あんな風になりたいな。』と話していました。スタジオの壁には突然の地震に備えて
アナウンス原稿が掲示してあり、災害時の準備がここにもあることを知りました。
これから、さらに学習を進め、「ラジオの力」について考えを深めていきたいと思います。」