作成者別アーカイブ: admin

第二十二回 番組審議会議事録

第二十二回 番組審議会 議事録

1.開催期日:平成29年12月6日(水) 14:30~15:30

2.開催場所:エフエムまつもと株式会社・Aスタジオ

3.委員出席
  委員総数:5名 出席委員数:5名
  放送事業者側出席者:3名

4.議 事
(1)開会挨拶
(2)FMまつもと現状報告
(3)番組審議:『SPEED STAR PG5』
(4)その他(塩尻市との災害時協定の締結、スマートフォンアプリ、特別番組について ほか)

(1)開会挨拶:FMまつもと担当
本日もお集まりいただきありがとうございます。
年の瀬が近づき人と会う機会が多くなってきたが、FMまつもとの話題を出してくれる人が増え、
たくさんの方に聞いてもらっている実感がある。
今年最後の番組審議会となりますが、どうぞよろしくお願いします。

(2)FMまつもと現状報告
新規スポンサーも徐々に増えている傾向。松本地域に密着したコミュニティFMの特性を
魅力的に感じるスポンサーも多い。12月25日の開局日を前に恒例の特別番組の編成をするが、
プレゼント企画は毎年リスナーに好評で、今年も多くの企業に協賛いただいている。
また、新年には「地元企業向け・新年挨拶スポットCM」の新規企画を予定している。
11月末には「災害時協定」を塩尻市と締結した。松本市・朝日村・山形村に続いて
行政4番目になる。昨夜(今日(12月6日)未明)の、松本地域で震度4規模の地震に
緊急対応を行った。社員間で緊急連絡を取り合い、震度情報などを公式アプリ、
ツイッターなどで配信提供した。スタジオには、局長が緊急入局した。
また、松本市役所の危機管理課に連絡を取り、大きな被害がないことを確認した。
今回は大きな被害もなく社内外の対応もスムーズに行えたが、災害対応のマニュアルも、
より円滑に遂行できるように更に検討していきたい。

(3)番組審議:特別番組『SPEED STAR PG5』(10分番組)
   審議対象回放送日:平成29年3月25日(Bリーグ試合中継 内)、
            平成29年9月22日(「松本スポーツチャンネル Mスポ」内)放送分

【番組概要】
信州ブレイブウォリアーズに所属する松本市出身の武井弘明選手に
スポットを当てた応援番組。ミニバスケットクラブ時代の仲間や、
チームメイトの声を交えて武井選手の素顔に迫ります。

<審議>
・試合中継の休憩時間にオンエアしていた番組で、時間尺も良くすっきり聴くことが出来た。
 ナレーションも軽快で、番組の質や構成も非常に良かった。番組の中で、チームメイトや
 友人などの声が聞け武井選手の人柄がよくわかり、親しみが持てた。FMまつもとの番組は
 なかなか質が良い。今回の番組も、とてもクオリティが高く良く出来ている番組だと思う。

・ナレーションがとても良く、聴きやすかった。ナレーションの声がとても良い。
 歯切れが良いし、何より本当に良い声をしていると思う。武井選手の飾らない人柄も番組の
 中でよく出ていて、武井選手への興味をそそる番組だと思う。松本出身の選手にスポットを
 当てているところも地元愛を感じ、コミュニティFMらしくて良い。

・武井選手の周りの人の声が聞けて、小さい頃のエピソードやチームの存在など、
 彼のひととなりがわかる番組だった。みんなに愛さる彼のキャラクターが番組の中に
 しっかりと出ていたのが良かった。インタビューに答えていた友人やチームメイトが
 男性だけで、同じような音域の話し声が続くと感じた。女性の声があると少し印象が
 違ってくると思う。番組尺的に良かったという意見があったが、個人的な感想としては
 トークが続き、尺が長く感じた。トークだけでなく武井選手のお気に入りの曲を流すのも
 良いかもしれない。

・番組全体的にとても良かった。武井くんを応援している地元の企業やお店が多く、
 この番組の企画は地元のニーズにピッタリと合っている。同じ長野県出身の選手がいれば、
 インタビューのメンバーに長野県出身選手が入ってくると良いと思う。
 ブースター(観客)の声援も入っていて、試合の臨場感があった。ボリュームも10分間と
 コンパクトにまとまっていて、中継のハーフタイム休憩に流れるにはちょうどいい
 ボリュームだと思う。

・ナレーションの声がとても良いと思った。10分間の番組だが内容がぎゅっと詰まっていた。
 外国人選手のインタビューも良かった。選手同士の雰囲気の良さも感じた。
 スポーツ中継というと、FMまつもとでは松本山雅FCのホーム戦中継の印象も強いが、
 先シーズンからのバスケットの中継の試みや、中継内にこういったミニ番組を考えるなど
 工夫しているところが素晴らしい。少数精鋭で制作スタッフの若い皆さんの頑張りが
 こういったところに出てきていると思いう。少ない人数で大変だと思うが、
 無理のない範囲で松本のスポーツシーンを盛り上げていって欲しい。

(4)その他
<塩尻市との災害時協定の締結>
平成29年11月28日(火)に塩尻市と「災害時におけるラジオ放送の要請に関する
協定書の締結」を執り行った。

<スマートフォンアプリのダウンロード>
リリース当初に比べると少々勢いはおさまってきたが、引き続きアプリのダウンロードが好調。
番組へのメッセージなどは松本地域だけではなく、アプリを利用した全国各地のリスナーからの
ものも増えている。また、先日起きた震度4の地震の時も「震度情報が文字情報として届いて
役に立った」などの声のほかに、スマートフォンのプッシュ通知機能を利用した文字情報配信に
ついても「松本市からのお知らせや、気象警報・注意報などが届いて便利」など、
利用者からの反響も多くいただいている。

<スペシャルウィーク、年末特別番組について>
【スペシャルウィーク】
平成29年12月15日(金)~12月22日(金)
【特別番組】
平成29年12月22日 12:00~16:00「WEEKEND SPECIAL」を放送
リスナープレゼント、松本市内のお店や街中からの中継(4ヶ所程度)を予定

<プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」中継について>
平成30年2月3日(土)・4日(日) 松本市総合体育館
B2リーグ「信州ブレイブウォリアーズ vs アースフレンズ東京Z」

昨シーズンは1試合のみの中継だったが、今シーズンは2試合(2日間)を中継予定。
信州ブレイブウォリアーズの広報と連絡を取り合って調整している。
FMまつもとでは、プロサッカー・プロバスケットボール・高校野球と、
スポーツ中継・スポーツ関連番組を制作しているが、リスナーからの反響が良い
コンテンツとなっている。スポンサー探しなど色々な兼ね合いもあるが、
地元に寄り添った番組作りをこれからもしていきたい。

                                         以上

「第19回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第19回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成29年11月27日(月曜日)午前8時50分~9時35分、
松本市筑摩の松本市立筑摩小学校(=音楽科・大前美和子先生)の
第1音楽室において、4学年児童63名、職員7名を対象に
邦楽(三曲)鑑賞・教授教室を開催しました。

20171127_01
20171127_02

「さくら変奏曲」や「六段の調べ」等の有名な曲から
子ども達もよく知っている「千本桜」「海の声」などが演奏され、
児童たちは真剣な眼差しで鑑賞していました。

今回は、児童の代表者と音楽科の大前先生から感想をいただきましたのでご紹介します。

【子ども達の感想から】
・三つの楽器全部がとても良い音色が出ていてすごかったです。
・邦楽をきちんと聞くことはなかったので、きれいな音色にうっとりしました。
・尺八は息をできるだけ使って音を出していて、三味線は細かな音を出していておどろきました。
 お琴はあんなに音を変えられるとは思っていなくてびっくりしました。
・尺八は今まで知らなかったけど、尺八の音色は、なんか心が落ち着ちつくようでした。
・わたしはいつも洋風の音楽を聞いていますが、和風の音楽も良いなあと思いました。
・『千本桜』や『海の歌』は知っている曲で、実際にひいているところを見られてよかったです。

【音楽科・大前先生 感想】
間近で演奏している姿をよく見ながら鑑賞でき、子ども達もその姿や
音色に興味を持ち感動した様子でした。ありがとうございました。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

「第18回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第18回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成29年11月20日(月曜日)午前9時35分~10時20分、
安曇野市豊科の安曇野市立豊科南小学校(=音楽科・大野佳世子先生)の
音楽室において、6年生の児童・105名、職員5名を対象に
邦楽(三曲)鑑賞・教授教室を開催しました。

20171120_01
20171120_02

伝統的な楽曲からJ-POPナンバーまで、幅広いジャンルの楽曲が
演奏されました。児童たちもよく知っているナンバーが和楽器の音色で
奏でられることが新鮮だったということで、熱心に聞き入っていた様子でした。

【音楽科・大野佳世子先生 感想】
先日は豊科南小学校へご来校いただきまして、ありがとうございました。
本校の子どもたちに毎年、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございます。
プロの方々の生の演奏を間近で聴く体験は、本当にありがたいことです。
演奏曲目も楽器の説明も、子どもたちを引きつける内容で、
あっという間の一時間でした。六年生105名、大変お世話になりました。
今後ともよろしくお願い致します。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

「第17回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第17回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成29年9月22日(金曜日)午前9時40分~10時30分、
松本市島立の松本市立島立小学校(=音楽科・大池世佳先生)の
音楽室において、5年生の児童・52名、職員4名を対象に
邦楽(三曲)鑑賞・教授教室を開催しました。

20170922_01
20170922_02

「さくら」をはじめとする伝統的な楽曲から、J-POPナンバーまで
幅広いジャンルの楽曲が演奏されました。
児童たちも聞き馴染みのある「海の声」「千本桜」などは、箏や尺八で
演奏されることでまた違った魅力を感じ、興味を持った様子でした。

今回は、児童の代表者と音楽科の大池先生から感想をいただきましたのでご紹介します。

【参加児童の感想より】
邦楽教室では、琴・三味線・尺八などの演奏を聞かせていただきました。
普段聞いたり、自分が演奏したりすることがないので、とてもいい経験になりました。
演奏してくれたいろいろな曲の中でも、わたしは三味線を使った「千本桜」が
とても心に残っています。私たちが知っている曲で、ピアノでひいた音の感じと
三味線でひいた音の感じの違いがおもしろいなと思いました。
他にも「海の声」や「桜」など知っている曲が出てきて楽しかったです。
聞いている人が楽しくなる演奏をとどけてくれてうれしかったです。

【音楽科・大池世佳先生 感想】
邦楽鑑賞では大変お世話になりました。
耳なじみのない、琴や三味線の音色を生で聞くことができ、幼い子どもたちにとって
大切な時間となりました。このような場を提供していただき、感謝をしております。
また、機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。