第三十回 番組審議会議事録

第三十回 番組審議会 議事録

1.開催期日:平成31年4月16日(火) 14:30~15:30

2.開催場所:エフエムまつもと株式会社・Aスタジオ

3.委員出席
  委員総数:5名 出席委員数:4名 欠席委員数:1名
  放送事業者側出席者:3名

4.議 事
(1)開会挨拶
(2)FMまつもと現状報告
(3)番組審議:FMまつもと スポーツスペシャル「Road to Victory」
       2018-19シーズン B2リーグ第24節
       信州ブレイブウォリアーズ vs 香川ファイブアローズ
       上記中継内 『ハーフタイムリポート』
(4)その他

(1)開会挨拶:FMまつもと担当
松本市役所から依頼された緊急告知ラジオの導入について
引き続き準備を進めている。緊急告知ラジオのフィールド調査を
実施している最中で、市内の様々な場所へ市役所の職員と弊社スタッフが
ペアで出掛け、電波の受信状況や緊急起動の動作確認テストなどを行っている。
良い形で実現が出来るよう進めていきたい。
松本山雅FCがJ1リーグということもあり、今年のホーム戦中継には
早くも大きな反響をいただいている。
また、先日、中地区優勝を決めた信州ブレイブウォリアーズの
試合中継もリスナーに人気がある。本日は信州ブレイブウォリアーズの
試合中継内で放送したミニコーナー番組が審議対象となる。
委員のみなさんから忌憚のないご意見をお願いしたい。

(2)FMまつもと現状報告:FMまつもと担当
緊急告知ラジオは、災害時はもちろん通常時の防災・減災の意識啓発に関しても
大変重要なアイテムになると考えている。慎重かつ丁寧に、また、
出来るだけ早い実現をという行政側の要望をくみ取りながら進めている。
営業に関しては、スポーツ中継に関して毎年スポンサードしていただける
企業がいくつかあり、大変有難く思っている。課題の一つとしては
新規スポンサーの開拓だが、提案に対して前向きに検討していただける企業も
増えているので、期待したい。また、気候も暖かくなりさまざまなイベントが
市内各所で予定されている。今年もイベントと連動した特別番組や公開生放送を
企画・実施していきたい。

(3)番組審議
FMまつもと スポーツスペシャル「Road to Victory」
2018-19シーズン B2リーグ第24節
信州ブレイブウォリアーズ vs 香川ファイブアローズ(松本市総合体育館)
上記中継内 『ハーフタイムリポート』

<審議対象回放送日>
平成31年3月2日(土) 放送

<番組概要>
Bリーグ試合中継内のハーフタイムに放送したミニ番組。
信州ブレイブウォリアーズが練習を行う「ことぶきアリーナ千曲」で取材を実施。
3月2日放送分は、松本市出身の武井弘明選手と、
チームメイトである蒲谷正之選手のインタビュー。
試合にかける想いからオフの過ごし方まで、二人の選手の素顔に迫る。

【審議】
・武井選手と蒲谷選手の仲の良さがうかがえる内容だった。
 松本市出身の武井選手にスポットが当てられているのは、
 地元民としてとても嬉しいこと。今後も注目して取り上げて
 いって欲しいと思う。ただ、インタビュアーが男性、
 選手2人も男性だったので誰が喋っているのかが
 少し分かりづらかった部分があった。インタビュアーが
 女性だと聞きやすかったのではと思う。

・私も女性の声があると、聞き分けが容易かと思った。
 でも男性同士ならではで、畏まらずに砕けた感じで
 楽しくトーク出来ていたのは良かったと思う。
 インタビューの内容が、選手同士の仲の良い雰囲気もあり
 大変面白かった。試合中継を聞いているリスナーは、
 攻守せめぎ合いの緊張感があると思うが、選手の
 リラックスした会話や素顔がわかるインタビューで
 緊張感を和ませてくれるような内容だった。
 信州BWファンの方には特に有益だと思う。

・体育館でのインタビュー収録ということで、ボールの
 跳ねる音や靴が床にこすれる音などが聞こえてきて
 臨場感があった。ハーフタイム休憩は、中継的には
 間延びしてしまいそうな可能性もあるものだと思うが、
 このミニ番組でメリハリがついたと思う。インタビューの
 内容も、チームメイトの絆やチームの結束力を
 感じるような真面目な内容や、松本出身の武井選手が
 蒲谷選手に長野県をプレゼンする内容など、幅広い話題で
 とても良かった。選手の声が聞けるのはバスケットボール
 ファンには楽しいと思う。また、例えば中継とは別で
 バスケットボールに詳しくない人に向けた豆知識的な
 ミニ番組やコーナーという企画もあると良いのではないか。

・チームメイト同士の仲の良さが伝わってくる楽しい番組だった。
 今シーズンの成績も好調ということで、チーム内の雰囲気が
 良いことがわかる内容。二人の意気込みやトークにも勢いを
 感じた。試合の部分も聞かせてもらったが、めまぐるしい
 スピードで展開していくのに驚いた。スピード感のある中継と
 ブレイクタイム的なミニ番組で、緩急のある番組作りに
 なっているのが良い。先ほど要望があったが、
 私も観戦初心者向けのコーナーなどがあると良いなと思った。
 試合中継にも興味をもつ人が増える気がする。

(4)その他
・FMまつもと公式アプリ
→2019年4月でアプリのリリースから丸2年。
 ダウンロード数も10000DLを超え、メッセージも全国各地から届いている。
 「アプリで聞いています」という声をかなりいただくようになり
 より多くの人が聞いていると実感している。地元の方からは、特に
 自動PUSH通知(気象、災害、行方不明者情報など)が役に立つと好評。
 今後も訴求を続けていく。

5.審議期間の答申又は意見に対してとった措置の内容
 前審議会で指摘された諸事項に関しては、関連部署に伝え、
 今後の番組作りに役立てるように検討を促した。

第二十九回 番組審議会議事録

第二十九回 番組審議会 議事録

1.開催期日:平成31年2月6日(水) 14:30~15:30

2.開催場所:エフエムまつもと株式会社・Aスタジオ

3.委員出席
  委員総数:5名 出席委員数:4名 欠席委員数:1名
  放送事業者側出席者:3名

4.議 事
(1)開会挨拶
(2)FMまつもと現状報告
(3)番組審議:『松本スポーツチャンネル Mスポ』
(4)その他

(1)開会挨拶:FMまつもと担当
FMまつもとは昨年12月25日に開局5周年を迎え6年目に入った。
前回少しお話させていただいたが、松本市役所から緊急告知ラジオ導入の
依頼があり、色々を準備を進めている。市からは「出来るだけ早いタイミングで
実現したい」との要望があり、緊急告知ラジオを既に導入している自治体を
参考に各所への調整を行っている最中。また、先月には明治安田生命Jリーグ
2019シーズンの試合日程が発表された。スケジュール発表からすぐにリスナーから
中継実施の要望があった。今シーズンも中継を実施出来るよう計画していきたい。

(2)FMまつもと現状報告:FMまつもと担当
年賀の企画では委員の皆様に協力をいただいた。新しい年になり、
緊急告知ラジオ設置の実現に向けて松本市役所はじめ関係機関との調整を
行っている。今月にはJリーグの2019シーズンが開幕し、来月第1週には
バスケットボールB2リーグの信州ブレイブウォリアーズの試合が松本総合体育館で
行われ、松本平はスポーツの話題で盛り上がるタイミング。スポーツ関連は
リスナーから中継してほしいと要望の多いコンテンツなので要望をふまえながら、
番組編成に繋げていきたい。

(3)番組審議
『松本スポーツチャンネル Mスポ』
毎週金曜日 午後6時30分~午後7時00分
(再放送:毎週木曜日 午後7時00分~午後7時30分)

<審議対象回放送日時>
平成31年 1月18日(金)放送分

<内容>
平成31年 1月14日に行われた「2019松本山雅FC 新体制発表会」の模様と
取材音源をダイジェストでお届けします

<番組概要>
松本平のスポーツシーンを盛り上げるラジオ番組。
プロの世界で活躍するアスリートはもちろん、地域で頑張る
スポーツ少年・少女や学生、アマチュアスポーツ選手、指導者、
そして選手たちを支える裏方のスタッフやサポーターたちにまで
幅広くスポットをあて、頑張る地元の人々をキーパーソンに
スポーツへの熱い想いや魅力などさまざまな角度からお届けします。

【審議】
・今まで聞いてきた番組とは、毛色の違った切り口で新鮮。
 今回はイベントの様子がメインだったので、会場に入れなかった人、
 行けなかった人には良い内容。再放送もあり、多くの人に聞いて
 もらえたのでは。

・会場の雰囲気がそのまま感じられる音源だった。抽選に当たった
 ラッキーな人しか参加出来ない貴重なイベントで、
 ダイジェストとしてですが音だけでも聞けるのは一般市民の
 私としても嬉しい。こんなに綺麗に収録できるものだと感動した。
 ジョークを交えながら話す選手もいて、楽しげでアットホームな
 雰囲気が伝わってきた。また、新体制発表会の日から期間を
 あけずに放送したというのが良かった。少ない人数で
 取材・収録・編集をして大変だと思うが、こういった話題は
 鮮度が大切だと思う。素早いタイミングで放送できたことは
 スタッフの努力の賜物だと思う。

・これだけ臨場感があるものが聞けるということに驚いた。
 以前「Mスポ」を審議した時はゲストとの対話方式だったので、
 今回のスタイルはとても新鮮だった。こうした切り口も良いと思う。
 サッカーに詳しくなくても松本平の人は、松本山雅FCの話題は
 気になるところもあると思う。地元の話題にはやっぱり敏感。
 FMまつもとのスポーツ番組という特性をいかして地元出身の
 アスリートやスポーツに関わる人々、またアマチュアスポーツや
 学生スポーツへスポットを当て続けて欲しいと思う。

・私は松本山雅FCを応援しているので、今回の番組内容は
 個人的にはとても嬉しかった。新体制発表会には行けなかったので、
 ダイジェストでも色々な選手や監督の声を聞けるのは
 ファンとしては有り難い。審議会の時間の都合もあって
 今回は番組前半のみ聞いたが、番組後半の新加入の選手の挨拶も
 ぜひ聞きたかった。再放送が午後7時からというのも
 社会人や学生も聞きやすい時間帯ではないかと思った。
 「松本×スポーツ」というキーワードで作られている番組ということで、
 今後も期待している。リアルタイムで放送を聞いてみたい。

(4)その他
・スポーツ中継の実施
→3月2日(土)・3日(日) 信州ブレイブウォリアーズ 松本大会 試合中継
→Jリーグ2019シーズン 松本山雅FC ホーム戦中継 予定(実施日程 未定)

5.審議期間の答申又は意見に対してとった措置の内容
 前審議会で指摘された諸事項に関しては、関連部署に伝え、
 今後の番組作りに役立てるように検討を促した。

                              以上

第二十八回 番組審議会議事録

第二十八回 番組審議会 議事録

1.開催期日:平成30年12月13日(木) 14:30~15:30

2.開催場所:エフエムまつもと株式会社・Aスタジオ

3.委員出席
  委員総数:5名 出席委員数:4名 欠席委員数:1名
  放送事業者側出席者:3名

4.議 事
(1)開会挨拶
(2)FMまつもと現状報告
(3)番組審議:『北尾トロのヨムラジ』
(4)その他

(1)開会挨拶:FMまつもと担当
師走の大変お忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。
来週月曜日(12/17)に、松本市役所主催でエフエム長岡の脇屋社長を講師に迎えて
緊急告知ラジオの勉強会が開催される。関連企業や行政の皆様と一緒に弊社からも
スタッフが参加予定。今後へ繋げていくためしっかり理解したい。
また、先日発表された「今年の漢字」は『災』ということもあり、
今まで以上に災害に対して世の中の意識が高まっていると感じている。
防災、減災、そして災害時のコミュニティFMの役目ということを改めて考えていきたい。

(2)FMまつもと現状報告:FMまつもと担当
来週月曜日に開催される緊急告知ラジオの勉強会で、弊社としても
このシステムや端末についてより深く理解できることを期待している。
今週末はB2リーグ信州ブレイブウォリアーズの松本大会の中継を実施。
スポーツ中継はリスナーからの反響が大きい。FMまつもとにとって
重要なコンテンツの一つなので、継続して行っていきたい。
また、25日に開局5周年を迎え、21日には特別番組を放送する。
たくさんの方に支えていただきながら5周年を迎えることができた。
今後もスタッフ一同力を合わせて頑張っていきたい。
皆様方には引き続きご尽力いただけますよう宜しくお願いいたします。

(3)番組審議
『北尾トロのヨムラジ』
毎週金曜日 午後5時30分~午後6時00分
(再放送:毎週日曜日 午後7時30分~午後8時00分)

<審議対象回放送日時>
平成30年11月16日(金)放送分
番組内コーナー「松本北尾堂書店」

<番組概要>
フリーライターの北尾トロさんが毎週気になる面白本を深堀り!
独自の視点で繰り広げる濃密トークの30分。

【審議】
・メインの北尾トロさんのお名前がまずインパクトがある。また、声が良い。
 聞き取りやすく、魅力的。アシスタントとの掛け合いのテンポも良い。
 今回紹介された本は、太宰治が戦前に友人、縁者などに送った手紙が
 元になっているということで、文豪・太宰治の素顔を知れるような
 内容を聞いて読んでみたくなった。非常に楽しく聞かせていただいた。

・本の内容だけでなく、補足的に太宰の人柄を紹介していて面白かった。
 北尾さん自身が読んで面白かった本を紹介しているということもあって
 ポイントがわかりやすい。当時の話から現代の生活へトークが繋がり
 広がっていくのが良かった。また、この番組の連動企画で地元書店で
 この番組で紹介した本をコーナー展開しているというのが素晴らしい。
 ラジオで紹介された本が本屋に並んでいると、実際に手に取る人も
 増えるのでは。相乗効果が見込める良い企画だ。

・自分も本好きで様々な種類の本を雑読しているが、オススメポイントを
 紹介してもらい、今回の本にグッと興味が沸いた。音楽や本などは特に
 自分の好みのものしか手に取らないという風になりがち。
 ですが、ラジオだと自分の趣味嗜好にとらわれずに様々なジャンルに
 触れることが出来るので、ラジオの良さが活かされた番組だと思った。
 太宰治の小説は読んでいるが、こういった本があるとは知らなかったので、
 太宰の人間らしい部分が垣間見えて面白いと思った。

・北尾トロさんの連載コラムを新聞で拝読している。コラムの文章の印象と
 トークの印象が違っていて新鮮だった。また、お話がとても上手で
 どんどん魅きこまれる内容だった。番組のタイトルが「ヨムラジ」と
 いうことで、本や文章に関わってお仕事をしている北尾さんならではで
 ピッタリだと思う。

・本離れ、活字離れなどと昨今言われているが、こういった番組が
 きっかけで本への興味を持つ人も居そうな気がする。
 太宰治 没後70年と言う節目の年で、この本を取り上げたのも良い。
 北尾さんのトークは非常に魅力的なので、今後も期待している。

(4)その他
・特別番組の実施
 12月21日(金) 午後1時~午後4時 「Weekend Special」
 通常枠から拡大。街頭インタビューと松本市内の店舗からの中継を予定。

5.審議期間の答申又は意見に対してとった措置の内容
 前審議会で指摘された諸事項に関しては、関連部署に伝え、今後の番組作りに
 役立てるように検討を促した。

第二十七回 番組審議会議事録

第二十七回 番組審議会 議事録

1.開催期日:平成30年10月16日(火) 14:30~15:30

2.開催場所:エフエムまつもと株式会社・Aスタジオ

3.委員出席
  委員総数:5名 出席委員数:3名 欠席委員数:2名
  放送事業者側出席者:2名

4.議 事
(1)開会挨拶
(2)FMまつもと現状報告
(3)番組審議:『ねぇねぇきかせて こどものことば』
(4)その他

(1)開会挨拶:FMまつもと担当
お忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。
10月に入りまして秋も深まってまいりました。今月は、半年に一度実施しております
番組改編を行いました。お手元に新しい番組表をお配りしていますのでご覧下さい。
本日審議いただきますのは生放送番組の中の1コーナーということで、
収録番組とはまた違った雰囲気の番組になっていると思います。
ぜひ忌憚のないご意見を宜しくお願いいたします。

(2)FMまつもと現状報告:FMまつもと担当
10月12日に、当社員2名と松本市危機管理課の職員2名で
緊急告知ラジオの運用を行っている新潟県の長岡市へ視察に出掛けた。
長岡市役所、コミュニティFM局の「FMながおか」、屋外スピーカーシステムの
運用・管理を行っている「ワキヤ技研」を見学した。
昨今も全国各地で大きな災害が起きており、コミュニティFM放送を活用した
緊急告知ラジオの重要性が高まっていると感じている。
今回視察した内容を踏まえて、今後検討していきたい。
今月21日に塩尻市で行われる長野県の総合防災訓練に参加する。
塩尻市とは災害時放送協定を結んでおり、今回は「臨時災害局の設立・運用訓練」で
ラジオ放送の訓練に参加する。臨時の周波数を取得して、訓練放送を行う。
また、同日の午後2時からは、サンプロアルウィンで行われる
「松本山雅FC vs FC岐阜」戦の実況生中継を別チームで実施する。
少ない人数で同日に別現場とかなり大変な状況ではあるが、スタッフ一同、
力を合わせてどちらの現場も成功となるよう頑張っていきたい。

(3)番組審議
「ねぇねぇきかせて こどものことば」(10分コーナー)

毎週水曜日 午後0時~午後2時 放送
生放送番組『まつもと日和』内 コーナー

<審議対象回放送日時>
平成30年9月19日(水)放送分
テーマ「月」

<番組概要>
子どもが何気なく「ふっ」と話す言葉、子どもたちの心のつぶやき『口頭詩』。
子どもたちの言葉の中には、本音・優しさ・思いやり…色んなものがいっぱい。
私たち大人が、気付かない・思いも寄らない自由な発想、忘れてしまった
素直な感情、豊かな感性が詰まっています。松本聖十字幼稚園のご協力を得て、
毎年発行されている口頭詩文集の中から、テーマに沿った口頭詩を
ご紹介していきます。

【審議】
・子ども達の素直な言葉が可愛かった。コーナー担当のパーソナリティさんの
 声が優しく、聞きやすかった。BGMに使っているオルゴールの音源が
「やさしさに包まれたなら(荒井由美/魔女の宅急便)」と
「さんぽ(となりのトトロより)」だったので、つい心の中で歌ってしまった。
 自分がちょうどその曲を聞いていた世代なのもあるのかもしれないが、
 BGMの軽快なリズムに気を取られてしまった部分があったので
 例えばジブリ系の歌モノのオルゴールBGMではなく、当たり障りのないインスト
 音源のBGMにしてみるのもいいと思う。

・私も思った。知っている曲だと、そちらに気がいってしまう時がある。
 子どものコーナーということでジブリ系のオルゴール音源というのも雰囲気が
 合っていて良いが、言葉の方に集中できるBGMにしてみるのも良いのでは。

・今回紹介された子ども達のつぶやきや言葉は「孫も言ってるなぁ」と
 思うことばかりだった。『月が追いかけてくるけれど、お家に入れるか?
 うさぎさんたちは大丈夫か?』『三日月の時はうさぎさんたちは細くなって
 住んでいる』というのは、本当に子供らしくて可愛い発想だと思った。
 パーソナリティが「子供」「親」「解説・説明」という三役を担っているので、
 聞いている側としてはパッと切り替えするのが少し難しいところがあると感じた。
 パーソナリティの雰囲気がとても良く、生放送ならではの時間に対応した
 話の進め方はプロだと思う。ただ、今回は子供たちの口頭詩がメインと考えると、
 後半の説明の部分のボリューム感が若干気になった。子ども達の言葉(口頭詩)から
 想像出来る部分も多くあるので、補足的に後半で詳しく説明している部分を
 もう少し軽めにしても良い気がした。足りない部分を補う説明と、リスナーの
 想像力に任せる部分とのバランスを調整してみるとより良くなると思う。

・私は「好きな喋り方だなぁ」と思う喋り手さんが中々居ないのだが、
 今回の担当パーソナリティさんはとても好みの語り口で気に入っている。
 今回聞かせていただいたコーナーの構成だと、解説や説明のボリュームが
 しっかりしているので、子ども達の口頭詩から聞き手が想像したり
 汲み取れることがやや限られてしまうような印象を受けた。
 例えば、後半の解説の部分とのバランスを取り、紹介する口頭詩の数を
 何個か増やすとか、前半に説明を持って来て後半に口頭詩を紹介していく
 という構成も良いのではないかと思った。聞き手が想像力を働かせるというのも
 ラジオの良さだと思う。そういった点では、今回の対象番組は聞き手が
 それぞれのイメージを膨らませることの出来る種類の番組だと感じた。

・生放送の中でコーナーを進行することはとても大変だと思うが、
「子ども達のつぶやき」というとてもほのぼのした題材でお昼の番組の雰囲気に
 合っているので、更に良くなるようみがきをかけていって欲しい。

(4)その他
・10月度の番組改編を実施。大きな変更はないが、生放送番組は今までと
 別の時間帯を担当する方もいるので、少し新しい雰囲気で番組をお届けできると思う。

・12月に開局5年を迎える。コミュニティFMとして地域に、より一層定着させていきたい。

・スポーツ中継に関して
→【サッカー】松本山雅FC ホーム戦中継
 10月に1回、11月に2回のホーム戦中継を予定。
→【バスケットボール】信州ブレイブウォリアーズ 松本会場の試合中継
 松本で行われる12月の2試合、3月の2試合、計4試合の中継を予定

5.審議期間の答申又は意見に対してとった措置の内容
 前審議会で指摘された諸事項に関しては、関連部署に伝え、今後の番組作りに
 役立てるように検討を促した。