作成者別アーカイブ: admin

「第26回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第26回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成30年7月11日(水曜日)、
塩尻市広丘吉田の長野県田川高等学校(=音楽・諸橋知子先生)の
音楽室において、午前8時40分~午前9時30分(第一校時)の間、
3年生の音楽選択者6名と教諭2名を対象に邦楽(三曲)教授教室を開催しました。

20180711_tagawa_01
20180711_tagawa_02

『春の海』『六段の調べ』『さくら さくら』のほか、
ポップスを三曲にアレンジして演奏するなど、様々なジャンルの
ナンバーが披露され、生徒達も真剣な表情で聞き入っていました。

今回は、生徒の皆さんと担当の諸橋先生から感想をいただきましたので
紹介させていただきます。

【生徒の感想】
・箏で弾いていたお正月の曲が好きなので嬉しかったし、
1本でアンプもなしであの迫力が出るのはすごいなと思った。

・三味線はフレットがないのにあんなに正確に音程を
合わせられてすごいなと思った。

・知っている曲があったのでとてもおもしろかったです。
お箏とか、とてもいい音色できれいでした。2年の時に(木製の)三線を
やったけど、あんなにいい音にはなりませんでした。
さすがプロだと思いました。そして尺八も音色が透き通っていて
良かったです。とても楽しかったです。ありがとうございました。

・三味線、箏、尺八での演奏はあまり聴く機会がないので、
とても楽しかったです。知っている曲でも楽器が違うだけで
雰囲気も全く違って、おもしろかったです。ありがとうございました。

・なかなか聴ける機会がなかったので、和楽器の演奏を聴けてよかった。
いろんな曲が演奏できると知ったので、他の曲も聴きたいと思った。

・尺八の音がすごく好きなので、生で聴けてうれしかったです。
今時の曲を演奏していただけて、和楽器がすごく近く感じました。
ありがとうございました。

・和楽器の演奏を聴いてとっても落ち着いた気持ちになった。
もっといろんな曲を聴いてみたいと思った。

【諸橋先生の感想】
今年も、3年生の授業で邦楽教室を行っていただきました。
本校には和楽器がないため、日頃和楽器の音や楽器にふれる機会が
ないのですが、「春の海」など、「どこかで聞いたことがある」と
生徒が感じる曲を通して全員が和楽器の魅力に引き込まれていました。
生徒がよく知っているポップスを和楽器で演奏するのも新鮮でしたし、
後半の「二つの田園詩」は何度聴いても魅力的でした。
今年もありがとうございました。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

「第25回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第25回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成30年6月21日(木曜日)、
松本市波田の長野県梓川高等学校(=音楽科・鈴木千絵先生)の
音楽室において、午後1時45分~午後2時35分(第五校時)の間、
3年生の音楽選択者30名と教諭1名を対象に邦楽(三曲)教授教室を開催しました。

20180621_azusagawa01
20180621_azusagawa_02

定番の『春の海』『六段の調べ』『さくら さくら』のほか、
現代曲のアレンジなど幅広い選曲に、生徒達も真剣な表情で聞き入っていました。
三曲、箏曲、三味線や尺八の邦楽曲など、生徒達にとっては普段あまり
触れる機会がない音楽で、とても新鮮だったようです。

今回は、生徒の皆さんと担当の鈴木先生から感想をいただきましたので
紹介させていただきます。

【生徒の感想】
・「さくら さくら」を自分も演奏したことがあるけど、比べものにならないくらい迫力があってすごかった。
・箏は今回の演奏をきいて左手も大事なんだなと思った。
・弦を押したり、ゆらしたり、弾いたりすることで、いろいろな音が出るんだなと思った。
・音色がとてもきれいで、眠くなるくらいなごむ音だった。
・十七弦の音がすごくきれいで良かった。
・尺八は竹一本でできているのにあんな音が出てすごいと思った。
・普段は、あまりきいたことがない曲ばかりで斬新だった。
・楽器の説明などもしてくれて分かり易かった。
・それぞれの音色に特徴があって、どれもきれいだった
・尺八の音が個人的に好きだった。
・最近の曲などもやってくれて、和楽器できくと、また違って新鮮だった。
・一番感動したのは、「海の声」の演奏です。3つの和楽器でこんなにもすごい演奏ができるなんて思いませんでした。
・どの曲も素晴らしかったです。

【鈴木先生の感想】
・昨年に続いて授業内で演奏をお願いしました。前の時間に少しだけ箏で、
 平調子の音階、さくらをやってみました。生徒達は、本物の音を肌で感じて、
 とても感動したようです。和楽器の音色をきいたのが初めてだった生徒も
 いたので、演奏していただいて良かったです。自分自身でも、和楽器に
 係わる機会をできる限り作っていこうと改めて思いました。
 本当にありがとうございました。

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。

第二十五回 番組審議会議事録

第二十五回 番組審議会 議事録

1.開催期日:平成30年6月5日(火) 14:30~15:30

2.開催場所:エフエムまつもと株式会社・Aスタジオ

3.委員出席
  委員総数:5名 出席委員数:5名
  放送事業者側出席者:2名

4.議 事
(1)開会挨拶
(2)FMまつもと現状報告
(3)番組審議:『Live Voice In New York』
(4)その他(イベント中継実施について)

(1)開会挨拶:FMまつもと担当
今日もお集まりいただきありがとうございます。本日は局長が欠席ですので、
進行を代わって務めます。今週末の8日は、JCBA(日本コミュニティ放送協会)の
総会があり、そちらに出掛けます。全国のコミュニティFMと交流を持てる機会ですので
色々なところと情報交換などをしたいと思っています。
本日も宜しくお願いします。

(2)FMまつもと現状報告:FMまつもと担当
4月に2回、5月に1回、松本山雅FCのホーム戦中継を実施しました。
サッカー中継は今シーズンも好評で、リスナーの皆さんからは毎回たくさんメッセージを
送っていただいています。流動的なリスナーというよりも、定着してしっかりと
聞いてくださっている方が多くいらっしゃるようで、スマホアプリやPCのリスナーも
増えているが、ラジオで聞いてくださっているリスナーも増えている印象。
今月は、6月23日の試合の中継を予定しています。
また、今夜は松本パルコの南側にある花時計公園で行われているイベント
「2018信州ワインサミット in 松本」の公開生放送を行う。
イベント会場の様子やワインソムリエ、飲食店の皆さんのゲスト出演を予定しています。

(3)番組審議
<審議番組名>
『Live Voice In New York』
毎週月曜日 午後7時45分~午後8時00分 放送
(再放送:毎週木曜日 午前9時45分~午前10時00分)
パーソナリティ:MIYA

<審議対象回放送日時>
2018年5月21日(月)放送分

<番組概要>
世界中からさまざまな人種が集い、日々新たなトレンドが生まれていく
大都市・ニューヨーク。音楽、ファッション、カルチャー、ライフスタイル、
食、人…すべての流行の最先端を行くNYの“今”を、NY在住のMIYAが
松本地域の皆さんへお届けします。

【審議】
・MIYAさんのトークはスタイリッシュでとても都会的。普段聞きなれない英語や
 スラングについても、日本語で細かくフォローがあり分かり易かった。

・松本市のコミュニティFMが、ニューヨークを中心とした世界の話題を届ける、
 「ローカルで発信するグローバルな番組」というコンセプトが面白い。
 松本地域は学生も多く、世界へ向かって羽ばたく人材に、こういった
 グローバルな話題を提示できる番組は良いと思う。
 また、「SNS炎上」という最近耳にする現象を、英語ではどんな風に表現し、
 どういう風に扱われているのかというトピックがあったが、興味深く聞かせて
 もらった。たくさんの人に聞いて楽しんでもらいたい内容で、スマートフォンの
 アプリ等を利用して色んな場所の色々な人に届けばと思う。

 ・MIYAさんの話で、ストリート名や「○○番地の~」といった具体的な表現が
 出てくるので、ニューヨークに出掛ける機会があれば「ラジオで聞いたな」
 なんていう風に思える。番組のオープニングテーマやコール(番組ジングル)も
 とてもおしゃれ。番組のイメージと合っていると思う。

・以前、趣味の一環として語学を勉強していたが、MIYAさんのトークや英語は
 語学番組と表現しても良いのではないかというほどのクオリティーだと思う。
 毎週の放送で、今話題になっているトピックや時事的なニュースもタイムリーに届く
 というのが良い。「ローカルで発信するグローバル」というコンセプトは
 大前提ですが、日本の「松本市」でアメリカの「ニューヨーク」の話題が届くと
 いうのはある意味 <ローカル to ローカル> の視点も感じて、とても魅力的。

・松本とニューヨークが繋がっているような気分になる内容で、ほんの数分歩けば
 そこにはニューヨークがあるのではないかという感覚になった。
 MIYAさんがトークの中で地名をあげていたのを耳にして、その場所を思い出して
 懐かしい気持ちになった。もう少し詳しい説明があるとよりイメージがし易く、
 気になったリスナーは調べやすいのではと思った。ギャンブルで「ジャックポット」と
 いう言葉は知っていたが、こういった英語の応用のようなものは、
 実際に海外で生活をしている人だからこそ説明できるものだと思う。

・以前、番組審議会で取り上げた際に聞きましたが、より良い番組に進化したと思う。
 こういった番組で海外の話題を取り入れることが出来ると思う。
 松本とニューヨーク、日本とアメリカという距離が、ラジオの番組を通してグッと
 近づいて思えるのが本当に素晴らしいと思う。例えば、実際に聞いている方からは
 ご意見などはあるのですか?

[FMまつもと担当]番組宛てのメッセージも届いています

・紹介できるものがあれば、具体的に教えていただけますか?

[FMまつもと担当]海外ドラマが好きというリスナーの方から「ドラマの中で
 出てきたカップケーキ屋さんについて知りたい」というメールが届き、
 MIYAさんが実際にお店に足を運んでリサーチしてくれ、番組で紹介したことがあります。
 また、「ニューヨーク発として話題になっていた「チョップドサラダ」は、
 本当にニューヨークで流行しているの?」という質問が届いたこともあり、
 実際にMIYAさんが答えたという回もありました。リスナーの皆さんから
 届いたメールはすべてMIYAさんへ転送しているので、面白い話題は
 番組で取り上げることも多々ある。毎週収録しているので、メッセージに
 対するレス(返事・返答)のスピードも早く、有難いことにリスナーからは
 好意的な意見を頂戴しています。

・リスナーからのメッセージや質問に答え、その話題を交えて放送しているのも
 良いと思う。番組をまた聞いてみたいと思う様になる。

・全体的のバランスもセンスも良い。スポンサーにMatsumoto BMWが付いていると
 いうのも納得。車(BMW)のイメージとも合うし、スタイリッシュな印象が
 ぴったり。ぜひ、長く番組を続けて行っていただきたい。

(4)その他
・「2018信州ワインサミット in 松本」公開生放送
 6/5(火)午後6時~午後7時
 ワインサミットの会場(松本市・花時計公園)からの公開生放送。
 ここ数年恒例になってきている中継。リスナーへのイベントの訴求はもちろん、
 会場のお客様にFMまつもとを知ってもらえる機会でもあるので、公開生放送のほか
 タイムテーブルの配布などでPRしていく。

5、審議期間の答申又は意見に対してとった措置の内容
前審議会で指摘された諸事項に関しては、関連部署に伝え、今後の番組作りに
役立てるように検討を促した。

「第24回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」開催報告

FMまつもと・サンリン共催
「第24回 邦楽(三曲)鑑賞・教授教室」

平成30年5月16日(水曜日)、
松本市県の長野県松本県ヶ丘高等学校(=音楽科・塚原智恵先生)の
音楽室において、午前9時45分から午前10時40分(第二校時)の間、
1年A・E組の生徒32名と教諭1名を対象に邦楽(三曲)教授教室を開催しました。

20180516_agata

1年生32名のクラス授業だっため、講義形式で授業を行いました。
教科書に掲載されていた「六段の調べ」などの箏曲から
ポップスのナンバーをアレンジしたナンバーも演奏され、
生徒達は真剣な表情で聞き入っていました。

今回は、音楽科の塚原先生に感想をいただきましたので
掲載させていただきます。

【塚原先生 感想】
「受講生徒(男子11名、女子21名)は、中学・高校の授業で
2~3回ほど箏に触れたことがあるということで「さくらさくら」程度の
演奏が出来ました。教科書にも載っている「六段の調べ」などの
本格的な箏曲だけでなく、生徒たちの知っているポップスを
アレンジした曲なども演奏していただき、生で素晴らしい演奏を
聴くことができ、生徒達の反応も良く、『とても良かった』
『自分たちも箏を弾いてみたい』との声が聞かれました。
また、三味線の演奏も聴かせていただき、こちらもなかなか普段、
生演奏を聴く機会がないため、とても貴重な体験となりました。
大変良い事業であるので、今後も継続していただけるととてもありがたいです。」

※毎週月曜日 午前11時30分~午後0時00分 放送
 「日本の伝統音楽 “有賀喜栄の邦楽三曲”」
 番組関連の出前授業です。